コンテンツにスキップ

累進レンズをオンラインで購入

プログレッシブコンタクトレンズ:クリアな視界と快適な装着感


プログレッシブコンタクトレンズは、年齢とともに避けられない、疲れた目の解決策です。いくつかの異なる処方メガネを着用したり、動きの自由を制限する累進レンズに慣れたりする必要がなくなります。驚異的な価格と優れた品質で提供する累進レンズは、完璧な視界と非常に快適な装着に必要なものです。


プログレッシブコンタクトレンズ:プログレッシブレンズの代替


累進レンズ、別名 多焦点レンズ、累進レンズの完璧な代替品です。 40歳以降、至近距離での視覚的精度が大幅に低下し、近視や近視などの視力の問題が眼精疲労に伴うことがよくあります。累進レンズのおかげで、さまざまな距離で鮮明な視界を得ることができます。


眼精疲労とは何ですか?


目の疲れは自然なプロセスであり、ほとんどすべての人が何年にもわたってそれを経験しています。通常40歳からレンズの弾力性が低下し始めます そして、目は異なる距離に順応できなくなります。これは、読み書きではっきりと見えないときに現れます。この欠陥は老眼鏡で修正できます。欠点は、近距離から何かをはっきりと見たいときはいつでもこれらの眼鏡をかけなければならないことです。


また、近視に苦しんでいると、遠くからも近くからも不正確に見えます。近視を矯正するために使用される眼鏡では十分ではありません。累進眼鏡またはコンタクトレンズが必要です。


累進レンズとはどのようなレンズですか?


近視で目が疲れている場合は、プログレッシブレンズが最適です。プログレッシブコンタクトレンズには、メガネよりも優れた利点があります。 任意の距離にあるオブジェクトに焦点を合わせる。さらに、メガネは顔の見た目を変えるだけでなく、目から一定の距離を保つため、表示される画像は常に現実よりも少し大きくまたは小さくなります。プログレッシブレンズは目の中に直接配置されており、すべての動きにおいて、小さいものに付き添います。彼らは彼らを制限しないので、彼らはアクティブな人々に最適です 移動の自由.


累進レンズの原理は単純です。上部は遠方視用に設計され、下部は近方視用に設計されていますが、コンタクトレンズではどのように機能しますか?非常にシンプル:ガラス 両方の視力の問題に適しています。一部のメーカーは、レンズの中心に近距離視力を配置し、それを包んで遠方視力を外側に配置します。その他、反対です。 3番目のバリアントは、 円形視野。すべての場合において、脳は鮮明でぼやけた画像を受け取ります。状況に応じて、ぼやけた画像を無視して鮮明な画像を取得します。


専門家の助言と事前の調整は必須の要件です。


眼科医 または、眼科医は、目の形状やその他の特性に応じて、どのプログレッシブレンズが最適かをアドバイスします。プログレッシブレンズを調整すると、目に最適なレンズを選択するのに役立ちます。


あなたがコンタクトレンズを着用する場合、これは特に重要です 初めて または眼精疲労のためにプログレッシブレンズを試したい場合。不適切なコンタクトレンズを着用すると、ドライアイや過度の泣き声を感じることがあります。コンタクトレンズを長期間使用している場合でも、年に1回、眼鏡技師または眼科医に相談して、視力や目自体に変化がないことを確認することをお勧めします。


プログレッシブレンズを使用すると、脳は対応する画像に焦点を合わせる時間が必要になるため、順応時間は通常のコンタクトレンズよりも長くなります。


プログレッシブレンズの違いは何ですか?


老眼のための進歩的なコンタクトレンズは、何よりも最大の使用期間によって区別されます。以下の代替案を提供します。



  • 毎日交換できるデイリーレンズ

  • 週14回の寿命のコンタクトレンズ

  • 30日間使用できる月額レンズ

  • 昼と夜を着用する昼と夜のコンタクトレンズ

ja日本語